教育ローンで自己破産する必要なし!

教育ローン 奨学金 返せない

奨学金で自己破産
教育ローンが返せずに自己破産した!
というニュースを聞くと耳を疑ってしまう人も多いと思います。

実は、実際にそのような事例があるのは事実ですが、一歩前で返済方法を改善し自己破産せずに済んでいる人が多いのは事実です。
心配の方は匿名でできる無料シミュレーターで確認を


なぜ教育ローン破産が起きるのか?返済できないのか?

教育ローンは勉強する意欲があるのに経済的な理由で就学できない場合、また、上級の学校に行きたいのにお金が無いという学生の強い味方という認識があります。

一般的には、在学中に必要なお金を融資してくれ、卒業したら返済する、ということで非常に学生にとっては有り難い制度ではります。

学生だけでなく、親が子供のためにコレを活用するというのは、昔からよくあることでした。

しかし近年、その教育ローンが返還できない人が増えている実態があります。

長く続く不景気のために就職できないというものが大きな理由で、なかなか返済出来るだけの収入が得られないという人が増えているのです。


そこで、苦肉の策として自己破産をする人もいるというものです。

昔は奨学金は様々な免除制度や猶予制度がありました。
しかし、世の中が不景気になるにつれ、奨学金の財源が厳しくなり、今までの免除制度や猶予制度を見直し、基本的に借金と同じように回収するという方向に変わってきているとのも1つの要因です。

その為、返還していない人に対しては督促や延滞利息などの仕組みも取り入れられ、財産が差し押さえられたり、自己破産に追い込まれるという流れですが、自己破産する必要はありません。


まずは、借金返済の無料相談が可能です。

今の残額をスムーズに返済できる方法はないのか?
たとえば、月額の返済金額を減額したり、利子分の軽減を交渉してもらうなど・・・・。


20代で自己破産となると、その後の人生はお先真っ暗です。


借金返済に困窮しているなら悩む前に、まずは無料シミュレーターで問題解決可能か確認してみましょう。


 >> 匿名シミュレーターはこちら << 



教育ローン返済問題を解決した人の口コミ
私は、大学卒業において、単位の取得不備で卒業が延び、それに伴い就職活動にも支障がおきました。
その結果、内定・定職が決まらず返済が厳しくなりました。
そこで、親には心配を掛けたくなかったので匿名シミュレーターから弁護士に相談しました。
返済の大きな障壁は、その返済額だと思います。

教育ローン返済問題
私の場合は、定職に就いていれば問題なく返済できる金額でしたがバイト生活だったため、相談した結果、毎月の返済額の縮小が実現しました。

最悪の場合は、親に相談や破産なども考えていたので、親に内緒で、またキャッシングに手を出すことなく解決してよかったです。



学生ローンは学生の間に返さなければいけないのか?
学生ローンを学生の間に完済したほうが良いです。

しかし、学生の間という決まりはありません。

社会人になって完済しても問題ありません。

このタイプのローンは返済期間が短いことが特徴で平均5年です。

したがって、普通に支払いを行っていれば、社会人になる前に完済する事になります。ずれ込めば社会人になって完済です。

期間が短いため、大きな金額を借りてしまうと完済が難しくなります。働くと言ってもアルバイトがメインであるケースがほとんどでしょう。

収入は限定されたものとなるため、支払う能力に対して借りたお金が多い場合、途中で行き詰まる事になります。

ですので申し込みの際には、事前に計画を立てる事をおすすめします。

怪我や病気、勉強などでアルバイトを日数が少なくなる事を織り込んで計画を立てるのはどうでしょうか。

余裕を持って借り入れすれば、余裕を持って支払いを行えるはずです。

お金を借りるのは比較的容易かもしれませんが、もしもの時の事を考えて借りると良いでしょう。